TEL
MENU

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > サッカーのケガ

サッカーのケガ

2018.11.26 | Category: スポーツ障害

サッカーのケガ

サッカーのケガに関するお悩みは世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院まで

【このようなお悩みはありませんか?】

・セーバー病
・ももかん(太ももの打撲)
・足関節捻挫
・膝痛
・シンスプリント
・偏平足
・オスグッド病
・太ももや足首の肉離れ
・グロインペイン(鼠径部痛)症候群
・腰椎分離症
・足底筋膜炎

上記のような症状でお困りであれば、世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院までお気軽にご相談ください。

【なぜサッカーのケガが起きるのか?】

サッカーでは、よく足を使います。そのため、サッカーのケガで多いのはやはり足に関わるケガです。足のなどの下半身は、相手プレイヤーにスライディングされてしまった時、足首を強くひねってしまうことや、蹴りだす時に傷めてしまうこともあり、足に負担がかかりやすくなってしまいます。

世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院では、どのようなサッカーのケガであっても素早く痛みを取り除いてくれるので、早々とサッカーに復帰することができます。

【注意!サッカーのケガの裏に隠れている病気】

サッカーのケガを軽傷だと思って練習をそのまま続けていると、傷んでいる部分をかばって他の部位にまで悪影響が出てしまう恐れがあります。そのため、自己判断は危険です。
世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院では、サッカーのケガに対して効果的な施術を行っていきます。

そして素早く痛みを取り除いていきます。
世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院では、サッカーのケガに関する不快感や痛みを除去するだけでなく、体のパフォーマンスアップにもつながります。