TEL
MENU

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > ラグビーのケガ

ラグビーのケガ

2018.11.26 | Category: スポーツ障害

ラグビーのケガ

ラグビーのケガでお困りであれば世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院まで

【このようなお悩みはありませんか?】

・打撲
・肉離れ
・アキレス腱断裂
・靭帯断裂
・骨折

上記のような症状は、ラグビーのケガとしてもよく挙げられます。
ラグビーをよく行っているプレイヤーであれば、一度はラグビーのケガを経験したことがあるのではないでしょうか?

世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院でも、ラグビーのケガの施術に対応していますので、ぜひお気軽にご来院ください。

【なぜラグビーのケガが起きるのか?】

ラクビーは、コートが大きくて体の接触の多い競技です。その中でも多いケガは、足に関わるラグビーのケガです。頭から突っ込むことで、腰や首、耳などにケガしてしまう人もいます。
膝に強くタックルされて膝を痛めてしまうプレイヤーもいます。
ラグビー選手に関わらず、スポーツをよくやる人にケガはつきものですが、以下に大けがを回避するかが重要です。

【注意!ラグビーのケガの裏に隠れている病気】

ラグビーのケガには、
・半月板損傷
・前十字靭帯断裂
という症状も含まれていて、数か月間リハビリが必要になるケースもあります。手術すると、一年近くゲームに出られなくなってしまうこともあるでしょう。

田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院では、ラグビーのケガの後のリハビリや練習やゲームでのコンディション作りなど、体の状態に合わせて施術をしていきます。