TEL
MENU

物損事故

2018.11.26 | Category: 交通事故施術

物損事故

物損事故のご相談なら世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院まで

【このようなお悩みはありませんか?】

・物損事故と人身事故の違いがわからない
・物損事故について詳しく知りたい
・物損事故を起こして物を壊してしまったが、どのような手続きをしたらいいかわからない

上記のようなお悩みがあれば、世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院で物損事故の相談も受け付けていますので、お気軽にご来院ください。

【なぜ物損事故が起きるのか?人身事故との違いは?】

交通事故の種類の中には、「物損事故」があります。
物損事故は人身事故の反対で、事故によって物が壊れたケースを言います。
人身事故の場合は、人が被害に遭い、怪我や障害を負ってしまいます。

物が壊れても負傷者がいなければ物損事故となり、いれば人身事故となります。
交通事故の時は、たいてい何かが壊れます。
車やバイク、ガードレールなどが多いです。

【注意!物損事故であっても警察への連絡は必須】

物損事故では、人が怪我や障害を負う事はありません。
物が破損することはあっても、人の被害がないだけ規模は小さく感じてしまうでしょうが、物損事故であっても、必ず警察に報告が必要です。

物損事故も、交通事故の一つだからです。
もしもあなたが物損事故を起こしたら、損害賠償などの問題も出てきて、示談が必要になるケースもあるので、その場をすぐ離れてはいけません。
警察への連絡を怠ってしまうと措置義務が規定され、罰金が科せられてしまいます。

詳しいことについては、世田谷区・桜上水・上北沢の桜接骨院でもお伝えしますので、気軽にご相談ください。